ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

「喫茶店とカフェの違い」とは

家でのコーヒータイムやティータイムも良いけれど、プロが淹れたこだわりの1杯をじっくり味わえる喫茶店やカフェでは、さらに優雅で贅沢な時間を過ごせるものです。このように、今や私たちの日常生活に溶け込んでいる喫茶店とカフェですが、利用することは多々ありますが、「喫茶店」と「カフェ」の違いを明確にご存知の方は多くないように思われ、事実一般利用客はそれ程意識して、使い分けていない傾向にあります。そこで、知っておくと店を選ぶときに役立つ、喫茶店とカフェの定義、その違いをご紹介します。

喫茶店の定義

喫茶店の定義

「喫茶店」とは、コーヒー・紅茶などの酒類を除く、飲み物と菓子や簡単な食事などを出す飲食店であり、この「アルコール以外の各種飲料」を提供するということが、カフェとの違いになります。喫茶店を営業するには「喫茶店営業許可」が必要になりますが、こちらはアルコールを提供することは許可されておらず、出せる食べ物もサンドイッチやトーストなどの軽食やデザートのみになります。

カフェの定義

法令上の定義としてアルコールや食事を扱える許可である「飲食店営業許可」のもとで営業されているのが、「カフェ」ということになります。しかし、アルコールや食事を取り扱わない場合は、「喫茶店営業許可」で登録しても店名に「カフェ」を名乗ることは承認されており、これはオーナーが店名に横文字を付ける場合や店の外観・インテリアなどのイメージから判断して決めることができます。

喫茶店とカフェの違い

結局のところ、店が事前に取っている許可の種類の違いが、喫茶店のカフェを分ける基準なのですが、その中には食事類を取り扱う喫茶店もありアルコールや食事を取り扱わないカフェも存在するということから、その明確な違いは名前で判断できる訳ではないようです。

「昔ながらの」喫茶店

昔からある個人経営の喫茶店では、アンティークな家具で揃えられた落ち着く店内で、マスターがコーヒーサイフォンやネルドリップなどで1杯1杯丁寧にコーヒーを淹れてくれるお店もあります。また、最近はほとんど目にすることがなくなってしまいましたが、1970年代に大ブームとなったスペースインベーダーゲームを始めとしたゲームをテーブル式の筐体でプレイできる席もいまだに置いてある喫茶店もあるとか。また、そのような昭和以前のレトロな雰囲気を好む客層に向けて、あえてレトロっぽさを演出する喫茶店も見られます。

「今どきの」カフェ

欧米などの文化を意識した、明るく開放的な雰囲気と豊富なドリンクメニューなどが売りのカフェ。また、近年ではカフェで提供される食事メニューは「カフェごはん」、または「カフェめし」と呼ばれ、料理のジャンルは洋食や和食、イタリアン、フレンチ、エスニックなどとその店それぞれですが、一般的におしゃれに盛り付けられたワンプレートや丼物が多く見られます。さらに、素材にこだわったオーガニックカフェなどのメニューにあるカフェごはんは、玄米や無農薬の有機野菜などを使用していることを売りにしており、主に女性客を中心に人気を集めています。