ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

「バリスタ」とは

「バリスタ」という言葉は、ここ近年日本でもよく耳にするようになりましたが、これはイタリアの「バール」または「バル」と呼ばれる飲食店のカウンターに立って、コーヒーを淹れる職業「バリスタ(barista)」を意味します。バーでアルコール類を提供するバーテンダーに対し、バリスタはノンアルコール飲料、その中でも、コーヒーに関する広い知識を持ち確実な技術を持ちます。現在は国内でも、各所でひしめき合う喫茶店やカフェの生き残り競争の中で、通を唸らせるおいしいコーヒーを淹れられるかどうかということは、大変重要であり腕の良いバリスタは重宝される存在です。

バリスタになるためには

バリスタになるためには

そんなバリスタを目指すにあたり、何から始めれば良いのでしょう。最近は日本でも、将来カフェを経営することを前提とした勉強や人気のラテアートなども学ぶことができる専門学校やスクールがありますが、バリスタになるための国家資格は存在しないため、コーヒーを取り扱う店舗に就職し修業を積んでいくという方法もあります。この場合は、実際に一流のバリスタがいることやコーヒーへのこだわりが強いお店であることが重要となり、コーヒー文化が盛んな海外に留学して修業をするというのも一案でしょう。

バリスタの資格

国家資格はないとは言え、バリスタとして活躍するにあたり、自分のスキルを証明し、信頼を得るひとつの手段として、民間資格を取得する人も多くみられます。日本では、以下の2つが代表的なバリスタ資格です。

コーヒーマイスター
一般社団法人日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が主催する「コーヒーマイスター養成講座」を修了し、認定試験に合格することでコーヒーマイスター認定を受けることができます。また、基礎のコーヒーマイスターからステップアップした、コーヒーマイスター中級資格(SCAJアドバンスド・コーヒーマイスター)という資格も取得できます。
JBAバリスタライセンス
一般社団法人日本バリスタ協会(JBA)が定めた講座を修了し、ライセンス試験を受けて合格すると取得できます。こちらの資格は難易度によってレベル分けされており、レベル1からレベル3までのライセンスが存在します。

バリスタの大会

上記にある日本スペシャルティコーヒー協会と日本バリスタ協会の共催で、「ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ」というバリスタとしての能力や技術を競う競技会が2003年(平成15年)より毎年開催されています。競技はエスプレッソを通じた評価が基本となり、設けられた制限時間の中でエスプレッソ、カプチーノ、最後に「シグネチャービバレッジ」と呼ばれる創作ドリンクを提供し、味覚評価のみならず、その過程を含めたすべての作業内容の適切性、正確性、一貫性などを評価します。この競技会のルールは、バリスタの世界大会であるワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)によって定められており、その年のJBCの優勝者は日本代表として翌年に開催されるWBCに参加することができます。歴代の日本人出場者はWBCにおいても、非常に優秀な成績を残しており、2013年(平成25年)にJBCで優勝した「井崎英典」さんは、2014年(平成26年)に開催されたWBCにおいて優勝を勝ち取って世界一のバリスタに輝き、日本人初の快挙を成し遂げました。