ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

喫茶店・カフェ事典

喫茶店・カフェ事典

紅茶の等級

紅茶は産地やブランドで分類されている他、等級(グレード)でも分けられていることをご存知ですか?「等級」と聞くと品質の良し悪しを示すと思われがちですが、紅茶で言う「等級」とは品質に関係なく、茶葉を大きさと形状に分けて表示されたものを言います。紅茶を淹れる際、茶葉の大きさによって、抽出時間が異なるので同じ大きさの茶葉で統一することは大変重要な工程なのです。よりおいしく紅茶を頂くために、こちらでは等級の違いを詳しく見て行きましょう。

大きさや形状を表すアルファベット記号

大きさや形状を表すアルファベット記号

基本的に茶葉をカットしていないホールリーフの大きさを表すのは、「OP(オレンジペコー)」、「P(ペコー)」、「PS(ペコースーチョン)」、「S(スーチョン)」に分かれます。そこに、芯芽が多く含まれたものは「F(フラワリー)」、カットした物は「B(ブロークン)」といった表記が前後に付け加えられます。

主な紅茶の等級の名前

FOP(フラワリーオレンジペコー)
一番先端にある芯芽(チップ)が多く含まれているもの。その割合もそれぞれ異なり、チップが多い程上級とされる。
OP(オレンジペコー)
先端から2番目の葉にあたり、細長くよりが強くかかった7mmから11mm程の大型の茶葉を指す。インド産のダージリンや中国産のキーマンの茶葉に多く見られる。
BOP(ブロークンオレンジペコー)
OPを揉捻する際にカットされた、2mmから4mmの茶葉。多く芯芽を含み、水色も濃く香味も強いため、流通している紅茶の多くはこのタイプ。
BOPF(ブロークンオレンジペコーファニングス)
BOPをふるいにかけたときに落ちる1mmから2mmの細かい茶葉。BOPよりも強く香りや水色が出やすいため、ティーバッグなどに用いられることが多い。
P(ペコー)
OPに比べ短く太めによられたやや堅めの葉。水色や香りはOPよりも薄め。Pをカットして細かくしたBP(ブロークンペコー)はBOPよりも茶葉サイズは大きい。
PS(ペコースーチョン)
Pよりもさらに太く短く、堅い葉で作られる。香りや水色も同じくPに比べ弱い。PSをカットしふるいにかけたものは「BPS(ブロークンペコースーチョン)」と呼ばれる。
S(スーチョン)
PSよりも大きく堅い葉からなり、スモーキーな独特の香りが特徴の中国産茶葉「ラプサンスーチョン」に用いられる。
F(ファニングス)
BOPFをさらにふるいにかけたもので、形は扁平で細かいがダスト(D)よりは大きい。
D(ダスト)
粉茶のように最も細かい茶葉。抽出時間が短いことから、主にティーバッグに使われる。

品質を表すアルファベット記号

大きさで分けた等級とはまた別に、特定の時期にしか収穫できず数量も少ない茶葉は、希少価値が高く高級品として扱われます。チップ(芯芽)を自然乾燥させた「シルバーチップ」や、発酵成分を含んだ液によって乾燥後金色に光る「ゴールデンチップ」が多く含まれるものは高品質とみなされ、高価で取引されます。そうした特徴は「TG(ティッピーゴールデン)」や「G(ゴールデン)」などといったアルファベットでFOPの前に表記され、その品質を示しています。