ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

中華料理店事典

中華料理店事典

中華東秀(ちゅうかとうしゅう)

東京都を中心に神奈川県と千葉県に2015年(平成27年)2月現在51店舗を展開している「中華東秀」。先述の3エリア以外での知名度は低いものの、「オリジン弁当」ならば誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「中華東秀」はこのオリジン弁当を併せて展開するイオンの子会社、オリジン東秀株式会社によるチェーン店で、中華料理の定食を主役に据えたメニュー構成で展開しています。定食の他、丼ものや各種ラーメンに餃子、麺類といったポピュラーな中華料理が味わえ、特に新鮮な野菜をたっぷり使った自社工場製造の熱々餃子が人気メニューです。ファミリー層が来店しやすいよう、店舗によってはおもちゃがセットになったキッズメニューも用意されています。

しっかりした食事もちょっとした"飲みに"も対応

しっかりした食事もちょっとした"飲みに"にも対応

「中華東秀」では、しっかりと食事をしたい人向けのボリューム満点の定食・一品はもちろん、仕事帰りに軽く一杯、というニーズにも対応できるおつまみ的なメニューも充実。定番の唐揚げや麻婆豆腐などの中華系一品に加え、枝豆や冷や奴といったサイドメニューも揃っています。また、人気の炒飯とラーメン、餃子が一度に楽しめる「東秀セット」などのお得なセットメニューもあり、リーズナブルに満腹になれるのも消費者にとっては高いポイントです。気分やお腹の減り具合に合わせて利用できるのが魅力です。

メニュー表記にもこだわりが!

「中華東秀」を訪れた際には、メニュー表によく注目をしてみて下さい。メニューの写真の脇に、厚生労働省が推奨している1日の野菜摂取量をどの程度満たしているマークが付いている物があります。推奨や再摂取量は日に350gですが、例えば野菜タンメンなら1日の野菜摂取量の3分の1が入っているというマークが表記されています。栄養や健康面が気になる人にも易しい表記で、同じくテイクアウトできるメニューにはテイクアウトメニューが表記されているのも親切ですね。

人気メニュー「熱々餃子」の秘密

固定ファンやリピーターが多いメニューのひとつ「熱々餃子」は、モチモチ感とカリッとした香ばしさを両立した皮と肉汁が溢れるジューシーな具のバランスが決め手。清潔に管理された自社工場で一括生産することで高いクオリティを保ち、かつ低価格で提供できるのが強みです。各中華料理店が力を入れている定番中の定番メニューが「餃子」ですが、やはり「中華東秀」でも餃子へのこだわりは並々ならぬものがあるようです。

新メニューやお得なイベントが盛りだくさん

12月などのイベントシーズンには家族がみんなで楽しめるパーティーオードブルを販売したり定期的に新メニューが投入されたりするなど、消費者が飽きずに何度も来店できる取り組みに力を入れているのも「中華東秀」のこだわりのひとつ。毎週火曜日と金曜日には持ち帰り餃子が定価の205円(5個入り)から55円引きの税込み150円になるサービスも実施しており、イートインだけでなくテイクアウトにも力を入れています。さらに、「オリジン東秀ケータイサイト」の会員になればクーポンなどが入手できます。よりお得に食べたいときにはチェックしてみると良いでしょう。