ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

レストランのドレス・コードを楽しもう

最近は「ドレス・コード」という言葉をあまり聞かなくなりました。ドレス・コードとは、場所や行事にふさわしい服装を社会の慣習として定めたルールのようなもので、レストランではその格式などによってやんわりと定められています。階級社会としての歴史が長いヨーロッパ生まれの文化ですが、日本ではさほど厳格に定着しているわけではありません。それでも、格式あるレストランにミュールや短パンで訪れるのはいかがなものかと、眉をひそめる人も少なくありません。本来このドレス・コードは文化なのですから、堅苦しいものと切って捨てるのではなく、食事を楽しむノウハウとしてとらえてみてはいかがでしょう。スマートにドレス・コードを使い分ければ、その時々の雰囲気を全身で楽しめそうです。

ドレス・コードという文化

ドレス・コードという文化

よく結婚式の招待状に「平服でお越し下さい」といった文言が書かれていますが、その日の食事を伴う集まりに「どんな服装がふさわしいか」を示唆するこの言葉もドレス・コードです。一方、レストラン側から「ネクタイとジャケット着用で」と求められる場合もあります。ヨーロッパなどは極めて厳格で、その店が定めたドレス・コードからはずれた服装のお客さんは決して入店させません。日本人からすると「そんなに堅いことを言わなくても…」と思ってしまいますが、そこには同じ時間、同じ空間で食事を楽しむ人たちに、その店が理想と考える雰囲気を味わってほしいとの思いがあり、食事の空間をお店とお客さんが一体となって完成させていく文化が流れています。であるのなら、格式の高いレストランには、フォーマル・ドレスやタキシードなどを着ていったほうがずっと楽しめるということにもなります。これは西洋だけのものではなく、日本の着物にも時と場によってどんな格の着物を着るのかという決まり事があり、古来から楽しまれています。タンスの中に眠っている華やかなワンピースや蝶ネクタイも日の目を見るときを待っています。素敵なレストランで非日常の時間を満喫したくなったら、ドレス・コードを上手に活用してみてはいかがでしょう。

ドレス・コードの目安

ドレス・コードの目安

では、ドレス・コードのことをもう少し実践的に理解しておきましょう。フォーマルとそれに準ずる装いの目安を知っておけば、その日のファッションも選びやすいのではありませんか? 場にふさわしい装いは、スマートな立ち居振る舞いにもつながります。一般的なドレス・コードの目安は次のとおりです。

正装(フォーマル)とは
ノーベル賞の授賞式後の晩餐会を思い出してみて下さい。
女性:イブニングドレス
男性:燕尾服、タキシード
準礼装(セミフォーマル)
ハリウッド映画などに登場するゴージャスなパーティのイメージです。
女性:カクテルドレス、ワンピースアンサンブル、スーツ
男性:ブラックスーツ、タキシード
略礼装(インフォーマル)
日本の結婚式で言う「平服」は、このランクです。
女性:スーツ(ボトムスはスカート)、ワンピース
男性:ダークスーツ

レストランのドレス・コード

レストランのドレス・コード

レストランが掲げるドレス・コードはお店のホームページなどに掲載されており、予約時にも「ジャケットをお召しになってお出掛け下さい」といったアナウンスがあります。特にドレス・コードがなくても、お店の格式や雰囲気に合った装いを選んだほうが気分も華やぐものです。レストランで求められるドレス・コードの一例を紹介しましょう。

名門のフレンチレストランの一例
男性はジャケットとタイを着用(タイであればスカーフタイプでもOK)
海辺のイタリアレストランの一例
タンクトップ・ビーチサンダルお断り。(この場合、スニーカーはOK)

女性にドレス・コードを求めるレストランは思いのほか少なく、ヨーロッパ発祥の文化だけにレディ・ファーストの精神から「女性はどんな装いでもOK」となっているお店が多いそうです。しかし、男性にドレス・コードを設けているレストランに出掛けるのであれば、女性もそれなりの気遣いはしておきたいところですね。そして、ドレス・コードを通して、食文化の奥深さを堪能しましょう。