ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

カウンターでお寿司をつまむ

昨今では、「お寿司を食べたい」と言えば、回転寿司に行くのが当たり前のようです。子どもたちも、お寿司は回っているものだと思い込んでいるようです。回転寿司はネタもサービスも年々充実し、コストパフォーマンスが高いのは確かです。しかし、時には昔ながらの江戸前寿司をカウンターでつまみたいと思いませんか?それも、大人同士で小粋に、カウンターの向こうにいる大将と世間話に花を咲かせながら…。ここしばらく、江戸前寿司から足が遠のいている人のために、カウンターでお寿司を楽しむためのうんちくをピックアップしてみましょう。

江戸前寿司を粋に楽しむために

江戸前寿司を粋に楽しむために

長年、寿司の文化に親しんでいるはずなのに、多くの人がお寿司を注文する順番で迷うようです。食の評論家たちも人それぞれにいろいろなことを言いますが、結論から言えば、自分の直感に従って、食べたい物から順番に頼めばいいのです。お寿司の順番にルールなどはありません。ただひとつ覚えておいたほうがいいのは、お寿司をよりおいしく味わう原則です。ただし、この原則も万人に当てはまるわけではなく、原則だから例外もあります。あくまで参考として、活用してみて下さい。

淡泊→濃厚の原則

洋の東西にかかわらず、コースで出される料理は、基本的に淡泊な味から濃厚な味に進みます。お寿司も例外ではありません。最初に濃厚な味を食べてしまうと、そこで食欲にブレーキがかかってしまいます。カウンターに座ると、つい「大トロ!」なんて注文したくなりますが、最初は白身魚などにしておいたほうが、たくさん食べられるうえ、味そのものを敏感に感じとることができます。

白身魚→鮪→海老→貝類→ウニ・イクラ→穴子→卵焼き

カウンターで粋にふるまってみる

注文の原則を抑えたところで、「ちょっと大人だな」と思わせるカウンターでの"ふるまい"に話題を変えてみましょう。これは、ある寿司店の大将から聞いた意見でもあります。こちらもあくまで参考として、お読み下さい。何と言っても、お寿司にルールなどないのですから。

カウンターに座ったらすぐに注文する。
座ってすぐに注文をしてくれるお客さんからは「食べたい」という思いが伝わってきて、寿司の職人さんとしても嬉しいそうです。それでも、もしすぐに注文が決められない時には、「今日は何かいいネタ入ってますか?」と聞いたり、「とりあえずお造りを」と、カウンターの職人さんを待たせないことも粋なたしなみです。
時価をさらりと聞く
「時価」の二文字が書かれた木札、よくお寿司屋さんで見かけますよね。これってかなりのプレッシャーになります。一番人気の大トロなどは「時価」となっていることが多く、頼んでも大丈夫かどうか心配になります。でも、寿司店としては、聞いてもらって構わないとのこと。寿司通の人ほど、「今日はいくらなの?」なんて、気軽に聞かれるようです。
醤油をつけ過ぎない
寿司店の職人さんが一番がっかりするのは、ベタリとお醤油を付けて食べるお客さんです。これではネタの味もシャリの味もお醤油一色に染まってしまいます。お醤油は香りづけ程度にほんの少しつけるとベストの状態に仕上がるよう、職人さんは味を仕上げているのです。
最後は巻物で締める
お寿司の世界では、巻物の注文が「これで終わり」の相図として通っているようです。実際、終盤に差しかかると、なんとなく巻物を食べたくなるから不思議です。もちろん、もっと食べたい人は巻物の後にもう一度大トロというのもOKなので気兼ねなく注文して下さい。でも、その時に「締めようと思ったけれど、もう一度あの大トロを食べたくなっちゃったから」なんて、ひと言添えられるようになれば、かなりの寿司通として認知されるはずです。とにかく、カウンターでいただく江戸前寿司は、寿司職人さんとの粋な会話もおいしさの大切な要素になっているのです。肩肘張らずに、会話のキャッチボールを楽しみましょう。