ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

うどんの種類と味わい方

いまやうどんの世界では、四国の「讃岐」が人気を一人占めしている感がありますが、日本各地にうどんの名産地は存在しています。「讃岐」しか知らずしてうどんを語るなかれ…です。それぞれに個性豊かで、だしや具材なども多彩なうどんは奧の深い和食なのです。近所に昔からあるうどん屋さんも、なかなかどうして、いい味出しているはずです。ここでは、あえて「讃岐」以外のうどんにスポットライトを当ててみましょう。

うどん屋さんの定番メニューに注目

うどん屋さんの定番メニューに注目

町のうどん屋さんのお品書きにじっくりと目を通すと、実に多くのメニューが並んでいます。この中で食べたことがあるのは、何種類ですか?つい、「いつもの」を頼んでしまうあなたは、まだまだうどんの魅力を知り尽くしているとは言えません。「お品書きに載っているのは知っているけれど、まだ食べたことがない」と言われがちなうどんを集めてみましょう。

かやくうどん
「かやく」とは、関西弁で「具」を指す言葉。数種類の具が入ったうどんで、「五目うどん」「おかめうどん」とも呼ばれる。「五目」には5種、「おかめ」には8種の具を入れる。主に使われる具は、鶏肉、ほうれん草、かまぼこ、椎茸など。
きざみうどん
「きつねうどん」が大ぶりの油揚げを乗せるのに対して、「きざみ」はきざんだ油揚げを乗せる。麺と油揚げが絡み合う食べやすさが特徴。
たぬきうどん
関東では天かすを乗せるが、京都ではきざみうどんの出汁があんかけ状になったものを指す。地域によって違いがあるので、ご近所のうどん屋さんの「たぬき」がどんなうどんなのか、試してみよう。
卓袱うどん
西日本のうどん屋さんには必ずといってもいいほど置いてあるが、その内容は様々。具が多めという点では「かやく」に近いものがあるが、宴会料理の一種である卓袱料理にあやかったうどんだけに、若干ゴージャスな具が使われることが多い。
小田巻きうどん
うどんの入った大きな茶碗蒸し。近年では、これが置いてあるお店は極めて少ないので、もしお品書きで見つけたらぜひ頼んでみる価値のある逸品。

地域色豊かなご当地うどん

地域色豊かなご当地うどん

ご当地グルメに注目が集まる昨今、各地で独特の食べ方をするうどんが多くの人の目に留まるようになりました。その中から人気の高いものをピックアップして、ご紹介しましょう。

麺に特徴のあるうどん

麺に特徴のあるうどん
稲庭うどん
「讃岐」と並んでうどんの二大巨頭の一角をなす秋田の名物うどん。手延べの干しうどんで、かなり細くやや平たいのが特徴。
武蔵野うどん
関東の武蔵野地方に郷土料理として伝わるうどん。地の小麦粉を使うことから黒っぽい色をしている。
加須うどん
独自の製法を守っている埼玉県の特産品。生地を切った後、ほんのわずかの時間だけ棒にかけて干すことで、コシの強い麺が出来上がる。
館林うどん
日本有数の小麦の産地である群馬県館林市の特産品。この地で穫れた粉ならではの風味の良さが人気。
水沢うどん
太くてコシがある群馬県伊香保町の名物。ざるうどんにピッタリの喉ごしが自慢。
桐生うどん
かなり幅広の「ひもかわ」という種類が有名。産地は群馬県桐生市。

食べ方や調理法に特徴のあるうどん

伊勢うどん
極太麺に甘口の伊勢醤油ベースのタレをからませてたべる三重県伊勢市のご当地グルメ。
ほうとう
味噌をベースにした出汁で、季節の野菜などとともに平らで柔らかな麺を煮込む山梨県の郷土料理。
味噌煮込みうどん
名古屋名物の濃厚な豆味噌の出汁と独特の歯ごたえのある麺を合わせ、アツアツの鍋焼き状態で楽しむ個性派うどん。
氷見うどん
富山県の氷見で生産される手延べの細うどんに魚醤のいしるで味付けした出汁をかけていただく。
博多うどん
トビウオを使った出汁にゴボウ天などを乗せていただく博多名物。
おしぼりうどん
辛味大根のおろしと信州味噌ベースの出汁につけていただく長野県特産のうどん。
耳うどん
ワンタン形のうどんを使った栃木県佐野市に伝わる郷土料理。うどんが耳のような形なので、この名が付いた。