ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

韓国料理は新陳代謝をあげる健康食

韓国料理と言えば、キムチ、ビビンバ、カルビ、プルコギ、チヂミなどが挙げられます。日本にも多くの韓国料理専門店がありますし、スーパーマーケットでも手に入るほど身近な料理として浸透しています。また、健康食としても世界各国で注目を集めています。

韓国料理を代表する「キムチ」

韓国料理を代表する「キムチ」

韓国料理で最も有名なのが、キムチです。キムチは、野菜などを塩と唐辛子、エビ、イカや魚介類の塩辛、魚醤、煮干や出汁などに漬け込んだ漬物で、韓国の食卓に欠かせない発酵食品です。今では韓国だけでなく、多くの国で大衆化した食べ物になりました。一般的には、赤唐辛子で味付けした白菜のキムチがよく知られていますが、キュウリや大根、海藻など、様々な具材を使ったキムチがあります。また、キムチは単品で食べるだけではなく、炒めものや鍋などでも使われるので、韓国料理を代表する料理と言えます。

新陳代謝をアップさせる、カプサイシン効果

新陳代謝をアップさせる、カプサイシン効果

キムチに欠かせない材料と言えば、食欲をそそる赤色の見た目で、ぴりっとした辛さの素になる赤唐辛子。キムチを食べると、身体が熱くなって、汗がじわっと出てきますよね。これは、赤唐辛子に含まれるカプサイシンと呼ばれる成分の効果なんです。カプサイシンは、脳の中枢神経を刺激して、アドレナリンの分泌を活発にさせる効果があるので、血行が良くなり、体温の上昇や発汗を促します。赤唐辛子がたっぷりと含まれるキムチは、新陳代謝を上げることができるので、健康食という側面からも人気があります。

韓国料理のテーブルマナー

韓国料理のテーブルマナー

気軽に食べられるようになった韓国料理ですが、本格的な韓国料理専門店や韓国旅行に行くときには、テーブルマナーを覚えておくといいでしょう。

韓国料理のマナーで特徴的なのは、ご飯をスプーン(スッカラ)で食べるということ。韓国では、お箸(チョッカラ)は、おかずを食べるときに使うものとされています。なお、食事中はスプーンをご飯かスープの器の中に入れておきましょう。スプーンをテーブルの上に置いておくと、食事が終わったことを意味してしまいます。また、器を手に持って、料理を食べることはNG。日本とは正しいマナーが異なるところなので、注意しておきましょう。

韓国は、儒教思想が根付いている国

韓国は、儒教思想が根付いている国

韓国には、儒教に基づいた決まりごとがいくつもあります。そのため、食事の席でも文化の違いに注意が必要です。まず、年長者より先に料理に箸をつけてはいけません。食事のペースも、年長者に合わせるようにしましょう。これは、目上の人を尊敬し、大切にするという儒教の教えが基本になっているマナーです。また、目上の人の正面でお酒を飲むことは、失礼な行為とされています。お酒を勧められた場合は、体や顔を横に向けて、口元を隠して飲むようにしましょう。他にも細かなマナーがありますので、しっかりと確認して、失礼のないよう、韓国料理を楽しみたいですね。