ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

タイ料理の決め手は調味料

香辛料やハーブを使い、素材本来の味を高め、辛味や酸味、甘味などを一度に味わえる料理、それがタイ料理です。中国やベトナム、マレーシア、ラオスなど、隣国の食文化の影響を受けながら生まれた料理で、日本にも専門店がいくつもあり、手軽に味わえるエスニック料理として人気があります。

タイ料理を作り上げる多種多様の調味料

タイ料理を作り上げる多種多様の調味料

代表する調味料は、ナンプラーです。小魚を塩漬けし、発酵させた上澄み液をろ過した物で、濃厚な旨味と独特な香りが特徴です。また、レモングラスやパクチーといった香草をたっぷり使う料理が多くあります。唐辛子も多用されるので、「タイ料理=辛い」という印象を持っている人も多いかもしれませんが、もちろん辛いだけの料理ではありません。タイ料理は、辛味、酸味、甘味などが混ざり合っている状態が良いとされています。つまり、複雑さを楽しむ料理とも言えるのです。

また、麺類では、出された料理をそのまま食べるのではなく、調味料を各自で加えるスタイルが一般的です。そのため、タイの食堂には、ナンプラー、唐辛子の酢漬け、粉唐辛子、砂糖のセットが必ず置かれています。タイの麺類を食べるときには、自分の好みの味になるように、調味料を使ってみましょう。

世界三大スープのひとつ、トムヤムクン

世界三大スープのひとつ、トムヤムクン

トムヤムクンは、世界三大スープのひとつとされている、タイ料理の中で最も有名なスープです。辛みと酸味、ハーブの複雑な香り、ナンプラーと魚介類のうまみが絡み合っています。トムヤムクンのクンとは海老のことで、魚や鶏肉、豚肉など、他の食材を使う場合は、名前が変わります。日本では、ココナッツミルクが入ったタイプのトムヤムクンが一般的ですが、ココナッツミルクが入っていないさっぱりとしたタイプもあります。食べ比べをして、好みの味を見つけてはいかがでしょうか。

タイカレーは日本でも大人気

タイカレーは日本でも大人気

トムヤムクンと並んで定番料理なのが、タイカレーです。タイでは、ゲーンと呼ばれていて、様々な種類が食卓に並びます。加える香辛料や食材によって、カレーの色が変わるので、グリーンカレーやレッドカレー、イエローカレーとも呼ばれています。辛さの中にハーブの爽やかな香りが引き立つタイカレーは、日本でも人気があり、レトルトパックや缶詰でも販売されています。普段食べているカレーとの違いを楽しんでみてはいかがでしょう。

タイ料理のテーブルマナーを覚えよう

タイ料理のテーブルマナーを覚えよう

タイ料理を食べるときには、基本的にスプーンとフォークを使います。右手でスプーン、左手にフォークを持ち、丁寧に一口サイズに取り分けた料理を、スプーンで口に運びます。ナイフを使うことは少ないので、スプーンで上手く切り分けましょう。

麺類の場合は、お箸とレンゲが付いてきますが、音を立ててすすることは下品とされているので、お箸でつまんだ麺をレンゲに入れてから食べましょう。また、食器に口をつけることはマナー違反です。料理にかぶりつくこともNGですので、少しお上品に食べる、ということを意識すると良いかもしれませんね。