ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

日本三大地鶏

鶏肉は、牛肉や豚肉と比較してヘルシーで、様々な料理方法が楽しめます。その中で特に人気の食材が、地鶏です。とくに、ブランド地鶏(銘柄鶏)は、少々値段は高いものの味がよく、風味があり、喜ばれる食材となっています。地鶏ブランドを取得するには、鶏の種類や肥料、飼育方法などについて、独自の取り組みをして他の鶏との差別化を図っていく必要があります。

ブランド地鶏ってどんなもの?

ブランド地鶏ってどんなもの?

ブランド地鶏は、産地、血統(品種)、枝肉の格付け、飼育法などで、一定の基準を満たしたものにつけられるものです。

日本三大地鶏

秋田県の比内地鶏、愛知県の名古屋コーチン、鹿児島県エリアの薩摩地鶏を日本三大地鶏と公式に呼ばれています。

比内地鶏(ひないじどり)

原種の比内鶏は、秋田県北部の米代川流域エリアで古くから飼育されてきました。縄文時代から比内地方に存在した日本固有の種です。1942年には国の天然記念物に指定されています。比内鶏は、風味の良い鶏肉でしたが、成長が遅く繁殖率が悪く、しかも病気にかかりやすいため、商品化が難しいと言われてきました。そこで、雄の比内鶏と雌のロードアイランドレッド種を掛け合わせた雑種を作ったのが、比内地鶏でした。

比内地鶏は加熱しても肉が固くならず肉の味が濃厚で、脂もうまみがたっぷり含まれるなど、卓越したおいしさを誇る鶏肉として生まれ変わりました。

名古屋コーチン

誕生は1905年と古く、中国産の「バフコーチン」という鶏と、名古屋周辺で飼育されてきた地鶏を交配させて作った品種です。名古屋コーチンは、国産実用品種第一号に認定され、明治時代から昭和30年代までの養鶏産業の発展とともに活躍してきました。

一時期、外国産に押されるなど、危機を迎えた時代もありましたが、グルメ志向・本物志向の高まりで、見事復活を遂げています。

名古屋コーチンの肉質は弾力に富み、よくしまって歯ごたえがあり、「こく」のある旨みがあります。焼き鳥や味噌鍋など、様々な料理に合う鶏肉です。

薩摩地鶏

薩摩鳥はもともと薩摩地方(鹿児島県)で小国鶏と軍鶏との交雑から闘鶏用に作られたと言われています。1943年に国の天然記念物に指定されたのをきっかけに、別の種の鶏と掛け合わせ、薩摩地鶏を作りました。薩摩鳥は気性が荒く、育成も困難ですが、その肉の甘味、弾力、色合いは格別のものがあります。料理のメニューとしては、薩摩汁の具や焼き鳥として広く親しまれています。平成17年度に開催された「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」でグランプリである最優秀賞を受賞しています。