ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

日本茶の種類の特徴を知る

お茶の味の違いは微妙で分かりにくい…というのが、正直なところです。しかし、ちょっと高級な割烹などで食後に出してくれるお茶が「おいしい!」と感じたことはありませんか?味わえば味合うほど違いの分かる大人に近づける…そんな日本の緑茶について、基本的な種類と特徴を知っておきましょう。

グレードと製法の違いで呼び名が変わる煎茶

グレードと製法の違いで呼び名が変わる煎茶

私たちが一般的に飲んでいる茶葉から入れる緑茶のほとんどは、この「煎茶」というカテゴリーに含まれます。茶葉のグレードや製法の違いによって呼び名が変わるのですが、基本的には、新鮮な緑茶を蒸して葉の形状を整え、煎る(いる)ことで、水分を飛ばします。煎茶の仲間をご紹介しましょう。

深蒸し煎茶
単に「深蒸し」と呼ぶこともあります。蒸すことに時間をかけるので、茶葉が細かくなり、茶葉の有効成分が体内に入りやすくなります。こっくりとした濃厚な味わいです。
玉露
太陽光を20日間ほど遮って新芽を育てることで、渋みが少ないけれど独特旨みを持つ最高級の味が楽しめます。
かぶせ茶
玉露とほぼ同じ工程で作られますが、光を遮るのは1週間前後です。濃い緑色が美しく、深い旨みのあるお茶が出来上がります。
玉緑茶
煎茶とほぼ同じ製法ですが、最後に細長く整えることをせず、回転するドラムで茶葉を乾燥させます。まるい形に仕上がるため「ぐり」と呼ばれることもあります。

通好みのマニアックなお茶

通好みのマニアックなお茶

煎茶を仕上げる過程で、取り除かれる部分を利用したお茶です。玉露などに比べると値段は格段に安いのですが、いい茶葉から出たはみ出し茶はやはりいい味と香りを持っていて、それぞれに明確な個性が出ます。これらのお茶を好む"通"も多いようです。

茎茶
煎茶の加工過程で、新芽の茎だけを選別したお茶です。爽やか香りが特徴で、玉露などの高級茶から出る茎は「かりがね」という名で別格扱いです。
芽茶
玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、芽の先の細かい部分を選定したお茶です。ベースとなる茶葉にグレードの高いものが使われるため、お茶の旨みとキリッとした渋みが加わり、芽茶でなければ味わえない旨みが出ます。
粉茶
玉露などの仕上げ時に、ふるいから落ちた粉だけを使ったお茶です。お茶のなかに粉状の茶葉が入り、有効成分まで違和感なく摂り入れることができます。お寿司屋さんでは、よくこのお茶が使われています。