ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

二人で中国茶を

中国料理もそうですが、中国茶もなんとなく一人で楽しむお茶という雰囲気ではありません。二人で、いや、二人以上なら何人でもいいのですが、これってどんな味?などと言い合いながら和気あいあいと楽しみたいですね。飲茶の専門店や中国料理店なら、厳選したお茶が用意されています。また、中国茶専門店でゆっくり中国式の作法でお茶の時間を楽しむのも一興です。主な中国茶の種類をご紹介します。

中国茶はまず色+花で覚える

中国茶はまず色+花で覚える

中国茶は、緑茶・白茶・黄茶・黒茶・青茶と色で分かれています。それ以外に花茶もありますが、まずは色ごとに覚え、それから花茶の特徴を把握する手順で、親しんでみてはいかがでしょう。すでに花茶なら知っている方であれば、どんどん知らないお茶を攻略してみて下さい。きっと、中国茶でなければなしえない豊かな風味と出会えるはずです。

緑茶
茶葉の発酵を止めるために釜で煎り、お茶の色は薄めで透明感がありますが、味も香りもしっかりと楽しめます。
白茶
少しだけ発酵させた大白種と呼ばれる植物の芽から作ります。白い産毛が特徴の稀少なお茶です。
黄茶
参加酵素による後発酵や葉緑素の退色によって上品な風味が加わります。
黒茶
麹菌を使って後発酵した独特のお茶です。体内を浄化する作用があると言われています。ワインのように熟成の進んだ年代物ほどまろやかになります。
青茶
茶葉の発酵を途中で抑制するので、半発酵茶とも呼ばれます。代表的なものにウーロン茶があります。
花茶
花茶には、ジャスミン、キンモクセイ、バラなどの香りがあり、茶葉と花のサンドイッチ状態を作って香りを付け、その茶葉でお茶を抽出します。

紅茶も実は中国茶?

紅茶も実は中国茶?

紅茶は、中国で発明されたお茶ですが、17世紀以降のイギリスを中心としたヨーロッパにもたらされ、世界中に浸透していきました。したがって、ダージリン、ウバ、キーモンの世界三大紅茶も発祥は中国なのです。中国式で飲む紅茶はきっと味も香りも違って感じるはずです。また、中国茶には稀少な茶葉が多いので、知らないものと出会ったら果敢にトライしたほうが楽しそうです。ちょっと異国を旅する気分で、中国茶を楽しみましょう。