ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

ファストフード店事典

ファストフード店事典

ファストフード店のマネージャー・店長

マネージャー(manager)には、支配人、経営者、管理者、支店長など様々な意味があり、ひとくちにファストフード店のマネージャーと言っても、会社ごとに様々な意味で使われます。シンプルにマネージャーと言うときにはおおむね「店長」や「店舗責任者」と同じ意味ですが、○○マネージャーという場合には「○○における責任者」という意味で使われます。ここではマネージャーを「店長」と扱い、店長がどんな仕事をするのかをかいつまんで紹介していきます。

マネージャー・店長の仕事

マネージャー・店長の仕事

マネージャーは、担当する店のすべてに対して責任を持って管理する管理職です。そのため提供する料理のクオリティやスタッフの仕事ぶり、店舗のクリンネスなど多くのことに気を配るのが仕事です。ファストフード店はすべての仕事がマニュアル化されていますから、マネージャーがチェックする項目についてもしっかりマニュアル化されています。

二種類のマネージャー

マネージャーの働き方は、「コマンダー型」と「ファイター型」に分類できます。どちらのタイプでも実際に店舗に立って接客や調理など通常の業務を行なうことには違いありませんが、コマンダー(=司令官)型は現場の仕事の多くをスタッフに任せ、自分の就労時間の多くを店舗管理や発注・シフトなど裏方業務に充てます。キレの良いスピーディーな調理などは苦手でも、スタッフをしっかり育てることでそれを補うタイプの人が、コマンダー型には多いようです。

一方、ファイター(=戦士)型は自ら現場で陣頭指揮をとり、接客や調理をバリバリこなします。自分が現場での戦力となってスタッフの見本となるタイプで、現場に立つ時間が多くなる分、発注業務などはスタッフに任せることが多いようです。

店のマネージャーがどちらのタイプになるかは会社や本人の人柄により様々です。

スタッフの指導

マネージャーは店舗のすべてに対して責任を持つことになるため、スタッフの教育は重要な仕事です。接客態度から調理の手順、掃除の方法、身なりのチェックまでスタッフを指導するので、自分もそのすべてができる必要があります。マネージャーを社員に限定している会社もあれば、バイトが店舗の責任を持つことができる会社もありますが、どちらのケースでも、店のすべての仕事がきちんとでき、手順をスタッフに指導できる必要があります。

店はマネージャー次第

マネージャーの仕事は管理と運営がメインです。しかし、事務所にこもってばかりでは、店に活気がなくなってしまいます。マネージャーが現場に立って一緒に仕事をしていく上で、このマネージャーが頼りになって信頼できる人だと分かれば、自然とスタッフのモチベーションが上がり、店の雰囲気も良くなっていきます。スタッフとともに現場の業務をこなし、仕事を教え、ときには間違いや誤解を指導し、また一方でクレームの対応をするなど、人と深くかかわる機会が多くあることから、店には店長の人柄が反映されます。店が活気づいて収益を上げていくのも、そうでなくなるのも、結局はマネージャー次第です。