ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

和食店事典

和食店事典

器の持ち方、扱い方

和食や懐石料理の店では、貴重な器を使用していることも少なくありません。下で紹介するポイントを抑えると共に、すべての器をていねいに扱うよう心がけることが大切です。

手に持って良い器、持ってはいけない器

手に持って良い器、持ってはいけない器

和食には、手で持ち上げて口元まで持っていって良い器と、持ち上げてはいけない器があります。これは、和食のルールとして決められていることですので、予習して覚えておきましょう。一般的に、持ち上げない器は、盆の奥に配置されていることが多いです。

手で持ち上げて良い器

下に挙げた器は、手に持っても良い器です。とは言え、口に近づきすぎるのは見た目に良くないので、胸の近くぐらいの位置をキープします。

  • 重箱
  • 小皿
  • 小鉢
  • しょうゆの小皿
  • どんぶり

手で持ち上げてはダメな器

以下の器は、手で持ち上げてはいけません。器を動かさず一口分を箸で取り、口へと運びます。その際に食べこぼしてしまうのが心配な場合は、懐紙を受け皿のように使用します。前屈みになって器に口を近づけないように注意して下さい。

  • 揚げ物の器
  • 大鉢の皿
  • 刺し身や焼き魚がのった器

両手で器を持ってから、箸を手に取る

和食に関する大きなマナーとして、「器を持ち上げるときは両手を使う」というものがあります。新しい器を手にするときは、まず両手で持ち上げ、その後、箸を手に取ります。箸を右手に持ったまま、空いている方の左手で別の器を持ち挙げるのはマナー違反です。ひとつの料理を食べ終わったら、そのつど箸を箸置きに戻すことで、ゆったりとした品のある動きになります。

器を移動するときも両手で

盆の上で器を動かしたいときも、必ず両手を使います。盆の上を引きずったり、箸を使って動かしたりするのは絶対にNGです。

蓋がついた器の扱い方

和食の場ではよく、蓋付きの吸い物が登場します。蓋の扱い方について悩む人が多いのですが、「裏返しにして盆の外に置く」と覚えておけば安心です。小皿として使用する場合は、そのまま手元に残しても問題ありません。和食の世界では、食事に集中するため料理と関係ないものが盆の中にあることはあまり好まれませんし、手狭になるので、着物を汚したり椀を倒す原因になったりもします。

蓋が開けにくいときは

蓋と椀が密着して蓋が開けられないとき、無理に力を入れて開けようとするのは危険です。蓋が開いた瞬間に吸い物がこぼれ、服やその周囲を汚してしまうこともあるからです。そういうときは、椀の端をつまみ、蓋を横にずらすように力を入れながらすき間を作るとスムーズに開けられます。椀は、中身が冷えると蓋が取りづらくなるので、出てきたらすぐに蓋を取っておくと良いでしょう。

水滴はそのままに

椀の蓋についた水滴は、そのままにしておいて大丈夫です。蓋を振るなどして水滴を取る動作は、あまり美しくありません。蓋を開けたときに盆や服に水滴が落ちてしまったら、手持ちの懐紙でそっと抑えて拭き取ります。