ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

魚偏の漢字 か行

魚偏の漢字を紹介します。

鮖(かじか) 鮖(かじか)

淡水魚の一種であるカジカは、「ゴリ」の別名でも広く知られている魚です。谷川などの石の下に住んでいることから「鮖」の字があてられました。「鰍」の字が使われることもありますが、これは、ドジョウの鳴き声という意味の「秋」をあて、「川で鳴く魚」をあらわしています。

鯑(かずのこ) 鯑(かずのこ)

東北地方で「カドの子」と呼ばれていたものがなまり、カズノコと呼ばれるようになりました。つくりの「希」は「唏」を省略したものです。「唏」には乾かすという意味があり、カズノコはニシンの卵を乾燥させて作られることから、「鯑」の字があてられました。

鰹(かつお) 鰹(かつお)

カツオ節の堅さから「堅魚(カタウオ)」と呼ばれるようになり、それらの字を組み合わせた「鰹」を「カツオ」と読むようになりました。名前に「勝つ」という言葉が入っているという理由から、江戸時代は武士の好物として知られていました。

鱚(きす) 鱚(きす)

キスの「キ」の字を「喜」にあてて、「鱚」の字がつくられました。釣りやすい魚としても人気の高いキスですが、日本全国の海岸に生息する魚であることから、「岸」が変化して「キス」と呼ばれるようになったと考えられています。

鯨(くじら) 鯨(くじら)

つくりの「京」には「高い丘」との意味があり、クジラが、丘のように大きな魚であることを意味しています。クジラは、見た目には黒々としているものの、肉質は白いため「黒」と「白」をつなげてクジラと呼ぶようになりました。

鯉(こい) 鯉(こい)

つくりの「里」には、「ウロコ」「筋」といった意味があり、コイのウロコがはっきりしている様子から「鯉」の字があてられました。コイの語源は様々ありますが、昔、景行天皇が池のコイを使い美女の気を引こうとした恋心に由来するとの説もあります。

鯒(こち) 鯒(こち)

コチの字の成り立ちは、コチの体がつくりの「甬」の字の形に似ていたからという説が有名です。名の由来は、骨が硬い魚であることから「骨(コツ)」と呼ばれるようになり、それがなまって「コチ」になったと言われています。

鮗(このしろ) 鮗(このしろ)

コノシロは「子の代(シロ)」が語源となっており、ある事情で子どもを死んだように見せかけるため、身代わりとしてコノシロを棺に入れ火葬したという言い伝えからその名が付きました。冬に捕れる魚なので、「冬」の字をあてて「鮗」となりました。

鮴(ごり) 鮴(ごり)

淡水魚の一種で、「カジカ」の名でも知られています。普段、川底の石の上でじっと休んでいるように見えることから「休」の字をあてて「鮴」の字が使われるようになりました。ちなみに「鮴」の字は「メバル」を意味することもあります。