ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

魚偏の漢字 た・な行

魚偏の漢字を紹介します。

鯛(たい) 鯛(たい)

タイの体は、左右から押しつぶしたように平たい形をしていることから、「平ら」から「タイ」と呼ばれるようになりました。つくりの「周」には、まんべんなくすみずみまで行き渡るという意味があり、姿形と味に優れ調和の取れた魚であることをあらわしています。

鮹(たこ) 鮹(たこ)

「鮹」は「蛸」とも書きますが、「蛸」は本来クモ(蜘蛛)を指す漢字です。足が8本ある姿から「海に住むクモ」の意味で「海蛸子」とあらわすようになり、それが省略され魚へんがあてられて「鮹」の字を「タコ」と読むようになりました。

鱈(たら) 鱈(たら)

雪のように白い身を持つ魚という意味から「鱈」の字があてられたという説と、雪の舞う冬の季節に捕れる魚であることから「雪の魚」がタラをあらわすようになったとの説があります。「たらふく食べる」は、タラが大食漢であることからできた言葉です。

鰌(どじょう) 鰌(どじょう)

つくりの「酋」とはミミズのことです。ドジョウは、ミミズのように泥の中に住んでいることから「鰌」の字が使われるようになりました。他にも「泥鰌」「鯲」などとあらわすこともありますが、字の由来はどれも同じです。

鯔(とど) 鯔(とど)

稚魚から成魚になる過程で名前を変える、出世魚の「ボラ」をあらわす字です。「トド」とはボラの最終的な呼び方であり、これでおしまいであるとの意味から「止め」「止まり」が語源であると言われています。「とどのつまり」の言葉に使われます。

鱠(なます) 鱠(なます)

ナマスとは、細かく切った魚や肉、野菜などを酢で和えた料理のことです。つくりの「會」には「程良く合わせる」という意味があります。もともとは肉料理だったため「膾」の字が使われていましたが、魚肉を使うことが増え、魚へんが用いられるようになりました。

鯰(なまず) 鯰(なまず)

つくりの「念」には、「ねばり」という意味があり、ナマズの体がぬるぬるとねばることからこの字があてられました。ナマズの語源は、滑らかさをあらわす「ナマ」と、頭をあらわす「ズ」に由来しており、皮膚がすべすべした大きな頭の魚を意味しています。

鰊(にしん) 鰊(にしん)

「鰊」のつくりの字は「若い」ことを意味しており、小魚を指すことからニシンをあらわすようになりました。ニシンには「鯡」の字が使われることもありますが、こちらも意味は同じくまだ成魚になりきっていない魚であることをあらわしています。