ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

文字サイズ

寿司屋事典

寿司屋事典

魚偏の漢字 は・ま・や・わ行

魚偏の漢字を紹介します。

鰰(はたはた) 鰰(はたはた)

ハタハタはカミナリウオとも呼ばれ、日本海沿岸において雷の鳴り響く季節に捕れる魚です。そのため、雷の語源である「神鳴」から「神」の字が使われ「鰰」となりました。語源を同じくして、「鱩」の字が使われることもあります。

鱧(はも) 鱧(はも)

つくりの「豊」には、「まがりくねる」という意味の他、「黒い」という意味があり、くねくねと曲がりくねった黒い魚であることからハモの字に使われるようになりました。ハモの名は、蛇の総称である「ハミ」がなまったもので、これも見た目に由来しています。

鮠(はや) 鮠(はや)

「ハヤ」とは、中型で細長い体型を持つコイ科の淡水魚の総称です。ウグイ、カワムツ、アブラハヤなどが代表的です。これらの魚はとても動きが素早いことから、「速い」という意味を持つ「危」の字をつくりに用いたと言われています。

鰉(ひがい) 鰉(ひがい)

ヒガイとは、鯉に似た淡水魚です。明治天皇の好物であったことから、「皇」の字を用いて「鰉」の字が当てられました。中国では「皇」の字が「大きい」という意味を持つことから、チョウザメをあらわす字として使われています。

鮃(ひらめ) 鮃(ひらめ)

ヒラメと言えば極端に平たく楕円形の姿形が特徴的ですが、その様子をそのままあらわした漢字が「鮃」です。「平べったい魚」から「ヒラメ」と呼ぶようになったとの説が一般的で、「平目」「比目魚」と、複数の漢字を用いる場合もあります。

鰾(ふえ) 鰾(ふえ)

魚の浮き袋をあらわす字で、この一文字で「ウキブクロ」とも読みます。浮き袋が伸縮するときに笛のように音が鳴ることから「フエ」「ヒョウ」などとも呼ばれ、ヒョウの音からつくりに「票」があてられるようになりました。

鱶(ふか) 鱶(ふか)

つくりの「養」には「日にあてる」という意味があるため、もともとは魚の干物を意味する字でした。現在はサメの別名として使われており、「フカヒレ」は「サメのヒレ」という意味です。サメは卵胎生が多いことから「子を養う魚」をあらわしたとも言われています。

鰒(ふぐ) 鰒(ふぐ)

フグの、怒ると腹が大きくふくれる様子から「鰒」の字があてられました。その他の当て字として「河豚」が使われることもあります。これは、本来フグは海魚であるにもかかわらず、かつて中国において河川の中流域にまで住んでいたことに由来しています。

鮒(ふな) 鮒(ふな)

「付」の字には「小さい」という意味があり、「小さい魚」という意味をあらわしています。フナは「鯽」という漢字が使われることもありますが、これは、フナの背びれが高く盛り上がっていることに由来していると言われています。

鰤(ぶり) 鰤(ぶり)

「古い魚」の意味からブリと呼ばれるようになったと言われており、ブリという漢字には年を取った人という意味の「師」があてられています。また、あぶらが多い魚という意味から「ぶら」が変化してブリとなったという説もあります。

鯔(ぼら) 鯔(ぼら)

つくりの字は「あぶら」を意味し、ボラの幼魚の腹に黄色い脂肪がたくさん詰まっていることから「鯔」の字をあてるようになりました。幼魚を指すときは同じ字で「イナ」と呼び、勢いがある様子を意味する「鯔背」という言葉に使われています。

鮪(まぐろ) 鮪(まぐろ)

「有」という字には「外側を囲む」という意味があり、回遊魚であるマグロの特性をあらわすために「魚」と「有」を組み合わせたとされています。「マグロ」という呼び名の由来には「時間が経つと真っ黒になる」「目が黒い」などいくつかの説があります。

鱒(ます) 鱒(ます)

「鱒」のつくりの字には「赤い」という意味があります。そのため、「鱒」の字はもともとマスのみだけでなく、コイ科の淡水魚で赤い目の魚全般を意味していました。加えて、「鱒」には「泥の中に入る魚」の意味も込められています。

鰥(やもお) 鰥(やもお)

サケ科の淡水魚であるアメノウオを指す字です。アメノウオの仲間であるヤマメを意味することもあります。つくりの字には「涙が落ちる」という意味があり、「妻を失った男」をあらわす「男やもめ」の言葉は、この字に由来しています。

鰐(わに) 鰐(わに)

つくりの「咢」には「するどい歯」「強いあご」といった意味があり、ワニの特徴である鋭利な歯と強靱なあごをあらわし「鰐」の字があてられました。分類学上ワニは爬虫類ですが、かつて魚だと思われていたことから、魚へんが用いられています